勘弁して!私の頭はひじ掛けじゃありません【電車内】

乗車率150%超えの満員電車内。

背後から伸びてきた長い腕が、私の頭上のつり革を握りしめる!

私のつかめるつり革は見当たらない!どうしよう!

と、その見知らぬ人の腕が私の頭に接触!着地!

避けようにも身動きはとれない!車内は激混みだ!

どうしよう!?

スポンサーリンク

こんな時どうしよう

みなさんご存知のように、通勤ラッシュ時の電車内でつり革をつかめるかどうか、っていうのはとても重要なことです。

電車に乗車したら、まずつり革か手すりのつかめる場所を確保するはずです。

つり革をつかめるかつかめないかで、その後電車が揺れた際の疲労度が大きく変わりますからね。

神経を張り詰めてバランスをとらないといけないのか、つり革を握る手に力をこめるだけでいいのか。

つり革がつかめなかった時は、バランスをとるだけでなく、人の足を踏まないように気をつけなければいけないので大変です。

まあ気をつけようもないですが。私は今朝も力いっぱい足を踏まれました。

つり革がつかめない時は、ちょっとだけ膝を曲げて重心を下げるようにするのがオススメです。

手ごろな場所につり革がない

手ごろな場所につり革がない。自分の後ろの人が手を伸ばして私の頭上のつり革をつかんでしまった。

よくある朝の光景です。

「このつり革はこの下に立っている人のもの」なんてルールはありません。自分が乗った瞬間につかまなかったのが運の尽きです。

あきらめて膝を曲げて重心を落としましょう。

ちょ…当たってる当たってる

後ろだったり横だったり、自分に近接している人の腕が頭にぶつかる。これも通勤ラッシュ時にはよくある光景ですね。

最初は「ちょっと当たってんよ~。でも混んでるし、仕方ないか」くらいの当たり具合だったのが、揺られているうちにどんどん遠慮がなくなって、「頭の上に腕がのっかっている」レベルに。

きっと遠くのつり革を掴んだ人も、はじめのうちは気を遣っていたんだと思います。

頭に腕が当たらないよう、腕をピンと伸ばして頑張ってくれていたんだと思います。

でも次第に腕が疲れてきて、どうでもよくなってきたんでしょう。

当たってるよアピールをしてみる

面と向かって「ちょ、腕当たってる」なんて見ず知らずの人には言えないので、さりげなく気にしてるアピールをします。

頭を振ってみたり、髪の毛を手で払ってみたりですね。

効果はあまりありません。あってもその瞬間だけです。

こちらとしては、その人がつり革を握ることを諦めて手を放してくれれば最高です。

が、降りる駅でもないのに、せっかくつかんだつり革を放すはずはありません。

立場が逆だったら私もつり革を放さないでしょう。放したら今度はこっちがバランスを崩して危険です。

後ろの人の腕が頭にあたってマジつらみ😭

さっきから一生懸命「混んだ電車で体の一部がぶつかっちゃうのはお互い様だし仕方ないよね~」と菩薩を気取って文章を書いていました。

しかし実際頭に腕をのっけられるとすごく腹が立ちます。

私の頭はひじ掛けじゃねーんだぞと地団太を踏みたくなります。

いや、ぶつかる程度は本当に仕方ないと思う。でも、頭の上に腕をのせて、更に体重もかけてくるっていうのはなんなんだ。

まるで「お前の頭がそこにあるのが悪い」と言わんばかりに、腕をのせてきます。

こんな時、思ったのが、「この人、私が強面のスキンヘッドだったらこんなことしないんだろうな」。

それと、「複雑な髪型の女性だったら遠慮してこんなことしないんだろうな」。

ただ髪が生えているだけの頭だから、こんなに遠慮なく腕をのせてくるんだ…と考えるとムカムカしました。

一応ヘアワックスがついているとはいえ、シャツの腕の部分に匂いが付くほどではありません。

腹が立ってどうしようもないので、こんな時は目をつぶります。

バランスをとることはあきらめないでください。

昨日観た猫動画を思い出してください。

「ぜったいはなすもんか!」という表情でぬこが猫じゃらしに食いついています。かわいいですね。

あるいは、つり革をつかんでいる人の腕の長さを計算してみてはいかがでしょうか。

三角比がうんたらかんたらで、サイン・コサイン・タンジェント。

もしくは、これは腕ではなく、枕なんだと考えてみます。

人ごみの中で頭を支えてくれる枕。重いけれど、ちょっと工夫をすれば、よりかかってもびくともしない頼もしい枕です。

ただしこの枕は急に消える、または怒り出す恐れがあります。よりかかりすぎないようにしましょう。

結局どうするのか

頭に腕が当たるのが不快、という場合は、電車の時間をずらすことが一番確実な対処法です。

その場はどうにかして回避できたとします。でも、乗車時間を変えない限り、混んだ車内で同じような不快な出来事が起こる可能性は高いです。

私の場合は、電車の時間を一本早めました。どうも調べてみたら、使っている路線はラッシュ時には乗車率が190%を超えるようです。

一本電車をずらしてからは、相変わらず混んではいますが少しだけマシになりました。

朝ごはんは食べましたか?

頭に腕をぶつけてくる人に恨みをぶつけました。でも私もたまにやります。

座席の前に立っている人と、その向かいの座席前に立っている人の間の、通路の隙間に押し込まれた際。

空いているつり革を見つけて手を伸ばすのですが、頭と頭の間から手を伸ばしているので、気をつけないと側頭部や髪の毛に触れてしまいます。

なるべく当たらないように頑張りますが、電車は時速100km超えで動いてますからね、当たる時は当たります。

あまりにも腕をがしがしぶつけてくる人の場合には、手を頭でガードし続けるか、その人が気づいていない可能性も考慮して一声かけてみるのも良いでしょう。

また、お腹が空いているとよけいにイライラしてしまいます。少しでもいいので、なにかお腹にいれてから満員電車に挑むと、心に余裕が出来るかも知れません。

満員電車で心を平静に保ち続けるのは難しいですが、一日の始まりは、なるべく怒らずに過ごしたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク