ARとVRの次はMRが来るらしいけど、MRってなんぞ

先日、MRの紹介記事を読んだ。

世界中から体験希望者が殺到!VRを超える驚異のテクノロジーとは?
VRとARが話題だが、マイクロソフトはその先を行く、MRという複合現実の世界を生み出した。世界中の様々な業界から体験希望者が殺到し、口々に「不可能がなくなる」とつぶやかれる驚異のテクノロジーとは。

MRデバイスを装着すれば、現実世界の上にデジタル世界のレイヤーを乗せたうえで、デジタル世界で描画されているものを操作できるということらしい。

つまりどういうことかというと、MRデバイスを着ければ、貞子が自宅のテレビから這い出てくるのを体験できる。貞子に画面から飛び出てきてもらうために、わざわざ3D映画館に行かなくても良くなるということだ。

それだけじゃなくて、背後に回り込んで彼女のうしろ姿を鑑賞することもできるようになる。

それってVRやARと何がちがうのさ。という人のために、そしてググったことをすぐに忘れる自分のために、とても大雑把になんちゃらリアリティの説明を入れておく。

VR(Virtual Realty):仮想現実。
AR(Augmented Reality):拡張現実
MR(Mixed Realty):複合現実
SR(Substitutional Reality):代替現実
XR(Cross Reality):なんちゃらリアリティの総称

って、種類増えとるやないかーい! 調べたら増えました。
あと以下に述べる説明は「自分はこう捉えている」ということなので、もし間違ってたら間違っとるやないかーい!って教えてくれると嬉しいです。

VR:仮想現実

ここじゃないどこか。SAO。.hack。あとは不動産のバーチャル内覧とか。

実際の現実世界とのつながりはあまり意識されない。VR空間はあくまで別の空間。

AR:拡張現実

現実世界にデジタル空間を上乗せした世界。ポケモンGOとか、ポスターにスマホをかざすと動画が再生されるとか。

不動産業界だと、内覧時に部屋の中でスマホをかざすと、画面の中に選んだ家具が現れて、家具を置いた時に部屋がどんな見た目になるか分かるようなシステムもあるらしい。

また、最近だと、かざすと魚の種類が分かる図鑑アプリが登場して話題になっていた。

MR:複合現実

拡張現実のすごい版。VRとARの良いとこどり。

仮想と拡張ときて複合とこられると、もはやなんのこっちゃという感じだが、要は現実世界にデジタルデータを「そこにあるもの」として扱える技術らしい。

ARでは現実にデジタルデータを出現させることは可能だったが、手で触っても突き抜ける。

しかし、MRは実際にデータを触る、扱うことができるようなのだ。

もちろんデータなので物理的に触ったような感覚を得られるわけではない。

「電脳コイル」の「電脳」技術みたいなものだと思っている。

SR:代替現実

調べている最中に初めて知った言葉なのでいよいよもって自分でもよく分かっていない。

Wikipediaによると、

代替現実(だいたいげんじつ、英:Substitutional Reality、SR)とは、現実の世界と過去の映像を混同させて、本来実在しない人物や事象が実時間・実空間に存在しているかのように錯覚させるシステム

とのことだ。

おそらくこの技術で可能になるのは「過去の出来事の追体験」なのだろうと思うが、絶賛研究開発中の技術のようで、一般人が体験できるような例は少なそう。

全部まとめてXR

なんとかRがいっぱいあって面倒くさいよ!全部まとめてXRって言おうよ!

ってことでXRという名称もある。あんまり浸透している感はない。

スポンサーリンク

MRはまだ一般人には縁遠そう

複合現実の技術の第一人者はマイクロソフトで、MRデバイスとしては同社の「マイクロソフト ホロレンズ」、他にはAmazonでは「Acer Windows Mixed Reality」が売っていた。

ホロレンズはスタンドアロン型というのと、開発者向けというのもあるだろうがお値段約50万。Acerの方は非スタンドアロンで約5万円だった。

Acerのデバイスの評価を見ると、どうも皆さんVRを楽しんでいるようだ。というのも、MRで楽しめるコンテンツがまだ提供されていないから。

建築や医療など、ビジネスの場では実用が始まりだしている技術のようだが、エンタメの分野までは下りてきていないようだ。

もしMRが身近な技術になったら、ペット飼育ゲームとか流行りそうだなと思っている。ペット禁止の物件でも、ペットを飼っている気分になれる! でも触って反応はしてくれても、もふもふ感がなくて悲しくなりそう。

あとはやっぱりホラーゲームだろうか。VRのホラーも最高に怖そうだが、自分の部屋の中にゾンビや幽霊が現れたら……でもMR空間で「ゲームオーバー」の概念ってどうなるんだろう。初めだけ異様に怖くてそのあとはすぐに慣れてしまうかもしれない。

と、ぐだぐだMRについて書いてみたが、実はまだVRヘッドセットも持っていない人間です。

今はOculus Goが猛烈に欲しい。そんで映画観たい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク