Oculus Go! きみに決めた!

先日Amazonから国内正規品が購入できるようになったOculus Go。なんと公式HPでクリスマスセールをやっているみたいです。

12月24日まで公式HPからの購入価格はRiftが5,000円引きの45,000円、Goは2,000円引きの21,800円となります。*終了してます

別の記事で今年は転職したてでボーナス無いから買えないな~なんて言っていた気がしますが、気がついたらつい手が伸びて購入を決断しました。

スポンサーリンク

いつ頃届きそうか

注文したのは19日の夜。注文を受け付けましたメールはすぐに来て、発送したよメールは20日の夜に来ました。支払明細書に記載されているトラッキングリンクをクリックすると、配送状況を確認できます。
メールによると、到着は5日後の25日のようです。香港からの発送です。

iHerb(米国の健康食品とかサプリメントとかのオンラインショッピングサイト)の商品発送から到着までがだいたい1週間から長くて2週間ほどかかります。Oculusもそのくらいかかるかと思っていました。

ただこちらは米国からではなく香港からの発送ですし、他の注文した方のブログなどを見てみると、発送から到着までスムーズに行った方が多いようです。

いまはクリスマス期間中なので、運送量はいつもより増えているはず。そのため予定より時間がかかることも十分考えられます。というか25日って平日だからおそらく受け取れないですね…

なぜGoを選んだのか

安かったからです。そこからさらに安くなっていたからです。
2万円を安いか高いかと言われると、人それぞれかと思います。2万のシャーペンは高い!となりますが、2万のインターネットができる電化製品って割と安いと思います。安くてむしろ不安になります。

今回は32GBのGoを購入し、オプションで接顔パーツ(フィット)を購入しています。鼻とヘッドセットの高さを調整してくれるパーツです。こちらが2,500円なので、セールで安く買えた分のお金で買いました。

わたしはがっつりVRゲームを楽しむ勢ではなく、スマホを装着して使うヘッドセット以外でVRを体験してみたい、動画視聴してみたい、ゲームも少しはやってみたい勢です。

VRについてそれほど詳しいわけでもありません。主要なVRヘッドセットに抱いているイメージが、HTC VIVEはVtuberになりたい人が使う、PSVRはゲーム特化、Oculus Goは映像を楽しみ、Riftはゲーム特化という程度です。(この解釈は間違っている可能性も十分ありますので鵜呑みにしないでね)
Oculus Goの値段と評判は、スマホ不使用のVRのエントリーモデルとしては最適と感じています。

あと最近VR上でPCのデスクトップを再現できる「Virtual Desktop」のモバイル版が出ました。モバイル版ということで、GoでもVirtual Desktopを使用できます。これを購入して使ってみたい。

Rift買おうかと思ったら所持しているPCではグラフィックボードが要件を満たしていなかった、というわけではありません。ええ、決して。

追記:注文から約3日で届いた

この記事を書いたその日には日本に到着しており(早い)、22日土曜日の午前中に届きました(早い)。発送から約2日です。は、早い…。

FedExという海外の運送会社からの運送で、最終的には佐川が持ってきてくれました。(最終的な配送会社はどうも地域によって違うみたいです)

まだ触りはじめて間もないですが、とりあえずOculus Go単体ではBeat Saberは遊べないということは分かりました。Goではしゃがみ感知はできません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク