スマホのスワイプ広告は面白いけどページ途中にあるとうざい

スマホでwebサイトを見ていて、新種のバナー広告が現れるようになったことに気がついた。


一見するとよくある広告だが、なんとこのバナー、左右にスワイプできるのだ。スワイプをすると、別の画像が現れて、追加情報を与えてくれる。

例えば次のような広告だ。

「リンゴとバナナ、どっちが好き?
→リンゴでしょ!(右へスワイプ!)
→バナナだよ!(左へスワイプ!)」

実際にスワイプしてみると、「今ならくだもの10連でリンゴ(orバナナ)1個確定!」みたいな広告が画面端から新しく現れる。これは楽しい。

広告は間違ってさわるといきなり別画面に飛ばされてしまうので、なるべく触れないように気をつける。でも、この広告は見かけるたびにスワイプした。楽しい。

調べてみると、どうも7月あたりから導入されたスマホ限定の広告技術らしい。

広告表現の幅が広がって、このあとどんなスワイプ広告が出てくるんだろう…脱出ゲーム風に「右へ行く」とか「左へ逃げる」とか表示されたら間違いなく広告さわってスワイプする…としばらくはのんきに考えていた。

だがこの広告、なかなかの厄介者だった。

まず、スワイプできるのに、スワイプしたところで内容がまったく変わらない広告がある。

「ここにリンゴとミカンがあるよ!」という広告をスワイプしてみると、最初と全く同じ「ここにリンゴとミカンがあるよ!」という広告が現れることがあるのだ。
なんでスワイプさせた?

しかし、そんなのはかわいいもので、問題は「広告をタップしてもスクロールできない、あるいは超絶スクロールしにくい」ことにあった。

ただのバナー広告なら、その上をタップしたまま指を動かせばスクロールができる。

けれどこのスワイプバナー広告は、グラグラと左右にブレてスクロールさせてくれないのだ。

(そのことに気が付いた時の内心)

スワイプタイプの広告が文章を読んでいる途中に不意に現れて、スクロールするために画像の上に置いた指をあざ笑うかのように左右に揺れてカバディし始める。

そしてスワイプをしたらしたで、そこに現れるのはスワイプ前と同じ画像。

(スワイプさせる意味ないじゃん!)

と、今日であった広告についての憤りを語ってみましたが、広告自体を嫌っているわけじゃないんだよね。

画面中央からお化けみたいにスゥーっと出てくる広告と、ページ全体をおおう広告が出てきたら即ブラウザバックするけども、普通のバナー広告だったら自分からタップすることもある。誤タップには気をつけるけど、興味ある内容だったら普通にさわります。

スワイプバナー広告もページ最下部とか記事最下部にあったら全然気にならない。むしろスワイプのやつだ!って分かる内容の広告なら進んでさわりに行く。楽しいから。

けど、スクロールのために広告をさわったら画像がぶれて先に進めない、内容もスワイプできるって分かる広告じゃないってやつは、罠に近くない?

広告設置者がスワイプできるタイプの広告を置くか置かないか選択できるわけではないと思うので、もし今後このタイプの広告が増えるのであれば、画像の両端はさわっても動かない仕様とかになって欲しい。じゃないと文章の途中でこの広告に遭遇した時のストレスがたまる。

「アドブロック入れろ」という声が聞こえてきそうなところで、「だから広告それ自体は嫌いじゃないんだって」と言い置いてこの話はここで終わり。