After Effectsことはじめ

こんちは。

「昼間働いている社会人が帰宅後に空き時間を作る方法」という記事の終わりにちらっと「After Effects触れるようになりたい」的なことを書きました。

昼間働いている社会人が帰宅後に空き時間を作る方法【一人暮らし20代の例】
こんにちは、いろみずです。 「誰だよ」と思った方、はじめまして、いろみずです。今回はじめて名乗ってみました。社会人3年目のマークアップエンジニア1年生です。今年の4月に転職をしたのだ。 備忘録も兼ねて、最近の平日の生活サイクルをまとめました。 平日の生活サイ...

でまあさっそく触ってみようってことで触りました。上の記事では「今の職のスキルを身につけてからの方が良いかな」なんて言ってますが、「鉄は熱いうちに打て」ってことで。

スポンサーリンク

前提条件

  • 動画(モーショングラフィックス)作成は今回が初めて
  • 動画のファイル形式についてはあまり知らない。音楽のファイル形式よりも知らない。
  • 長い動画を作るのにはちゃんとしたグラフィックボードが必要というのは知っている

インストールは終わってる

いれるだけいれておこうってことでAfter EffectsとPremiere Proはすでにインストール済みです。

Adobeの公式チュートリアルの超基本(画面の構成がどうなっているのか、新規、保存の仕方等)をいくつか見たあとに、なにか作ってみることにしました。

テキストがくるっと回って表示されるとかの簡単そうなやつね。

今回の目的は「5秒くらいのモーショングラフィックスを作ってgifにしてブログに貼る」です。

できたのがこれ

過程をざっと

  • コンポジションの設定をする
  • 画像を貼る(今回はpixabayの画像を使用)
  • テキスト作成
  • エフェクトをちょっと加える
  • エンコードして保存

ここまでをAfter Effectsで行いました。

このあと、Photoshopに移動して、GIFを作成しました。この作業も今回が初めてでした。

反省点

aviファイルが重い

avi形式で保存が完了し、ファイルサイズを見たところ、910,000KBありました。つまり約910MBです。

5秒でこのファイルサイズはさすがに重すぎでは。

ブログに使う画像は1枚あたり10~100KBです。

動画とはいえ5秒で910MBは重すぎだと思うので何か設定がおかしいと思うんですよね。なにがダメだったんでしょうか。

ブログに使うしか用途がないって決まっているのに、コンポジションのサイズを1920*1080で作ったことでしょうか。

JPEG画像を使ったことでしょうか。でもそんなら実写映像を使った時はどうなってしまうんだ。

圧縮方法を間違えたのでしょうか。そのあたり特にいじらないで「ロスレス圧縮」でレンダリングしたんだけど。

今後の課題として勉強します。

GIFにするためにPhotoshopで読み込み

このあたりも公式のページを見ながら行いました。

GIFで出力したところ9MBでした。ブログに貼るにはまだ重い。

というわけでGIFを圧縮する方法を探しました。

最終的に、Photoshopで保存時に
①劣化に10かける
②幅と高さをブログに貼るのに適したものに変更

という処理を行い、上に貼ってあるGIFは約2.5MBです。画質を犠牲にしたのでなんだかざらざらした感じになってしまっていますね。あとGIFの再生が終わったらすぐループしてしまっているので、次回はもう少し余韻を残したいところ。

わぁいチュートリアルがいっぱいだー

やってみた感想としては、「諦めなければ何か作れそうな気がする」です。

スタイリッシュに線や図形がアニメーションするようなモーショングラフィックスを作るには、まだまだたくさんのことを覚えて、プラグインも使用出来るようにならないといけないんだろうな…ということが見えました。

After Effectsは公式サイト以外にもたくさんの方がチュートリアルをネット上に残してくれているので、それらを見ながら実際に色々作ってみようと思います。

次回作成時のメモ

  • JPEGの写真は使わない
  • テキストを動かす以外のアニメーションをやってみたい
スポンサーリンク
スポンサーリンク